スウェーデンハウスの機能・デザイン・サービス・口コミ…すべてを徹底調査!

このサイトは、スウェーデンハウスの機能や空間の特徴、デザイン、サービスなど、さまざまな情報を徹底的にリサーチしてまとめた“スウェーデンハウスまるわかり情報サイト”です。また、インターネットに寄せられたスウェーデンハウスにかんする口コミ・評判や動画、さらには住宅展示場(モデルハウス)・宿泊体験などにかんしても情報をまとめているので、スウェーデンハウスに興味のある人、検討中の人などは、ぜひ参考にしてみてくださいね!

輸入住宅に関するさまざまな情報を発信している「輸入住宅WEBマガジン」編集部が、今回は輸入住宅の中でもとくに人気の高い「スウェーデンハウス」にスポットを当てて、リサーチしています。

一般住宅と比べたスウェーデンハウスの特徴は?

輸入住宅として人気の高いスウェーデンハウスには、どんな特徴があるのでしょうか。そこでまず、一般的なハウスメーカーで建てた住宅と比較して分かるスウェーデンハウスの特徴(メリット・知っておいてほしいこと・こんな人におすすめ)をまとめてみました。さっそくチェックしていきましょう。

スウェーデンハウスの公式サイトはこちら>>

メリット

スウェーデンハウス

  • 合板や集成材ではなく、丸太からそのまま切り出した木材を使用。年数が経つほど味が出るだけでなく、湿度を調整する働きもあります。
  • 独自の断熱システムにより、夏涼しく、冬暖かい快適な暮らしが実現します。また、家中どこにいっても温度差がないのも特徴です。
  • 外観はもちろん、室内にも北欧らしいインテリアやデザインを取り入れ、こだわりの空間を実現。バルコニーやウッドデッキにこだわることも。

一般住宅

  • 合板や集成材をおもに用いて、なるべく安く、速く、効率的に家を作ります。質よりもスピードという方に◎
  • 材料の調達や建設過程の無駄を見直し、コストカットに努めているメーカーであれば、低価格で建てることができます。
  • 必要最小限の性能が備わっている平均的な住宅。デザインに関しても基本的に多くの住宅と差はありません。

知っておいてほしいこと

スウェーデンハウス

  • 天然木を使用するため、集成材を用いる一般的な住宅よりも価格は高め。価格よりも家の質や性能にこだわりたいなら◎
  • 北欧風の個性的な外観は、良くも悪くも日本の一般的な住宅とは異なります。目立ちたくないという人には向いていません。
  • メンテナンスが多く必要なのが無垢材住宅の特徴。めんどうくさいという人には、無料メンテナンスサービスの利用がおすすめ。

一般住宅

  • 集成材はラミナ(挽き板)を接着剤で貼り合わせたもので、接着剤に含まれるホルムアルデヒドは、「シックハウス症候群」の原因に
  • 湿気に弱く、老朽化が進みやすいという特徴があります。耐久性が低いので、基本的には経年劣化していきます。
  • 価格は抑えられますが、住宅性能や設備・内装の質はスウェーデンハウスよりも劣ります、長期的にみると、さまざまな費用がかかります

こんな目的の人におすすめ

スウェーデンハウス

  • 人気のある立地や必要以上の広さよりも、自然木独特の温もりや住宅性能を重視し、優先的に予算を使いたい。
  • 他の住宅よりもメンテナンスが少しくらい多くなってもいいので、年を重ねるごとに味わいが深まる木の家にしたい
  • 一生に一度の大きな買い物だからこそ、窓やカーテンなどデザインやインテリアにもこだわり、愛着ある家にしたい。

一般住宅

  • 住宅性能やデザインにはそれほどこだわらない。それよりも、気になるのは価格。なるべく初期コストを抑えたい
  • めんどうくさがりなので、修理やメンテナンスの回数はできるだけ必要最小限ですませたい。自分では手入れをしたくない。

スウェーデンハウスの口コミ評判を徹底リサーチ!

スウェーデンハウスに寄せられた口コミ・評判を徹底的にリサーチました。住宅情報サイト、ブログ、知恵袋、SNS、2ch掲示板といった媒体ごとにまとめて紹介。さらに、インターネット上にアップされているスウェーデンハウスにまつわる動画も集めています。まずここでは、それぞれのページの概要を簡単に紹介するので、気になるものがあればぜひ各ページで確認してみてくださいね。

空間編
スウェーデンハウスのすべて

リビング、ダイニング、キッチン、子ども部屋、和室…といった空間ごとに、スウェーデンハウスの特徴や施工例、口コミ・評判などを紹介しているカテゴリーです。カテゴリーのトップページでは、各空間の特徴について、簡単に概要をまとめています。それぞれの空間(10種類)の詳細を知りたい人は、各ページでチェックしてみてください。

【インテリア編】
スウェーデンハウスのすべて

壁紙、カーテン、ストーブといったインテリアごとに、スウェーデンハウスの特徴、施工例、口コミ・評判などをまとめているカテゴリーです。カテゴリーのトップページでは、各インテリアの特徴について、簡単に概要をまとめています。各インテリア(3種類)の詳細について知りたい人は、それぞれのページでチェックしてみてください。

  • 壁紙

    引用元:スウェーデンハウス公式HP
    (http://www.swedenhouse-nagoya.com/voice/details/46/index.html)

    壁紙

    複数の種類から自由に選ぶことができます。スウェーデンハウスオリジナルの壁紙クロスもあるようです。

  • カーテン

    引用元:スウェーデンハウス公式HP
    (http://www.swedenhouse-nagoya.com/voice/details/33/)

    カーテン

    柄が華やかで存在感のある北欧カーテンは、部屋の雰囲気やおしゃれさをグッと引き上げてくれます。

  • ストーブ

    引用元:スウェーデンハウス公式HP
    (http://www.swedenhouse.co.jp/voice/closeup/000271/)

    ストーブ

    薪ストーブは電気ストーブと比べて暖かく感じられるのが特徴。薪の中にある水蒸気が室内湿度を高めます。

【機能編】
スウェーデンハウスのすべて

高断熱、換気システム、太陽光発電、地震対策、耐火…といった機能別に、スウェーデンハウスの特徴や施工例、口コミ・評判などを紹介しているカテゴリーです。カテゴリーのトップページでは、各機能の特徴について、簡単に概要をまとめています。各機能(7種類)の詳細について知りたい人は、それぞれのページでチェックしてみてください。

  • 高断熱

    「3層ガラス」と「木の枠」でダブルの断熱を実現した窓が標準装備。家全体を分厚い断熱材がぐるりと包み込み、確かな断熱効果を発揮します。一棟一棟、断熱性能や気密性能を測定してからのお引渡しなので安心です。

  • 換気システム

    スウェーデンハウスでは、パナソニック製の24時間熱交換型換気システムを全棟に標準装備。 24時間熱交換型換気システムなら、冷暖房で快適な温度を保ちながら、新鮮な空気と入れ替えすることが可能です。

  • 太陽光発電

    スウェーデンハウスは「家中の温度差が少ない快適な住環境」 と「エネルギー収支ゼロ」を兼ね備えた家を提供しています。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)の基準をクリア。「SOL HUS 10」を採用。

  • 地震対策

    スウェーデンハウスでは、2003年に第三者機関の協力のもと実物の建物を使って大規模な振動実験を実施。数百年に1度と言われるような大地震と同じくらいの揺れを受けても、構造上大きな損傷はありませんでした。

  • 耐火

    スウェーデンハウスは、一般的な木造住宅に比べて防火性能が優れているのが特徴。標準仕様で、建築基準法で定める防火性能を持つ構造「省令準耐火構造」であるため、火災保険料も大幅に軽減できます。

  • 環境配慮

    木材は環境保護の観点から厳しく管理された北欧のモノを使用し、「森林管理から考える家づくり」を実践。建築の過程でも環境に配慮した活動をし、「3R(リデュース・リユース・リサイクル)」を建築現場で行っています。

  • シロアリ対策

    土の上に噴霧器やジョーロで薬剤を散布し、防湿シートを敷き詰め、防湿コンクリートを設置する「土壌処理」と、防腐防蟻処理剤のタケロックを上塗りして吹き付け、細かいところを刷毛で塗布する「木部処理」を実施。

【サービス】
スウェーデンハウスのすべて

保証、メンテナンス、リフォーム、中古住宅にかんするサービスといった、スウェーデンハウスのサービス面についてくわしく紹介しているカテゴリーです。カテゴリーのトップページでは、各サービスの特徴について、簡単に概要をまとめています。各サービス(4種類)の詳細について知りたい人は、それぞれのページでチェックしてみてください。

スウェーデンハウス公式サイトキャプチャー

魅力的なギャラリーやデザインの紹介が公式サイトには満載!

スウェーデンハウスの公式サイトでは、魅力的なギャラリーや独特のデザインをはじめ、充実した機能性・メンテナンスの方法について、より詳しく知ることができます。当サイトで紹介し切れなかった情報を知りたい方は、ぜひ公式サイトへ!

【免責事項】
このサイトは、2017年1月時点の情報をもとに「輸入住宅WEBマガジン」編集部が調べてまとめたサイトです。
最新の情報などは、スウェーデンハウスの公式ホームページをご確認ください。