太陽光発電

ここでは、スウェーデンハウスの太陽光発電特徴施行例口コミ・評判をご紹介しています。

機能の特徴

スウェーデンハウスでも、家の屋根に取り付けているのを良く見かける太陽光パネルを取り付けることができます。スウェーデンハウスでは、「SOL HUS 10(ソル ヒュース テン)」を採用。家に取り付ける一般的な太陽光パネルは3kW~4kWである一方、年間発電量が多いことで有名な「SOL HUS 10(ソル ヒュース テン)」は、10.24kWという高い発電力を誇るのです。

そのパワーは、1日の発電量で、電気自動車が東京~名古屋間を移動できるほど。20年間、固定価格で電気を売ることができるので、安定収入も見込めます。スウェーデンハウスは「家中の温度差が少ない快適な住環境」 と「エネルギー収支ゼロ」を兼ね備えた家を提供。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)の基準をクリアしています。

施工例

スウェーデンハウスの太陽光発電1
引用元:スウェーデンハウス公式HP
(http://www.swedenhouse.co.jp/csr/owner/03.html)

家で使う電気を太陽光発電、給湯を太陽熱ソーラーシステムでまかなっているお家。自然エネルギーを活用した先進的なエコライフを実現しています!

スウェーデンハウスの太陽光発電2
引用元:スウェーデンハウス公式HP
(http://www.swedenhouse.co.jp/voice/house/002031/)

印象的な大きな屋根に、太陽光発電を搭載したお家。まだあまりエコという考えが普及していないころに、環境とエコライフを考えて、太陽光パネルを設置したそうです。

口コミ・評判

16年前にスウェーデンハウスで家を建て、太陽光発電を設置。省エネ性能が高いので、その時既に、経済産業省が推奨する「ZEH」基準をクリアしていました。今年から「エネファーム」を導入。家のエネルギー収支がゼロ以下になりました!

本を伏せたような山形の形状をした屋根(切妻屋根)の東西それぞれに、太陽光発電パネルと、太陽熱でお湯をつくる集熱器を設置しました。キッチンカウンターに置かれた「省エネナビ」に、太陽光発電量がリアルタイムで表示されたり、使用電力量が表示されてたりするので、とても楽しいです。ムダな電気を使わないという意識が高まります。

以前住んでいた家では、年間約17万円の光熱費がかかっていました。今住んでいるスウェーデンハウスの家では年間約14万円。それだけでも3万円もお得なのに、太陽光発電による売電分を差し引けば、7万4千円もお得でした。家が広くなったにもかかわらず、これだけ安くなっていることに驚きです。

編集部からのコメント

日々の生活でなかなか行動することが難しいエコ。その点、太陽光発電なら、設置するだけで貢献することができます。普段から発電量を目にすることで、エコ意識が高まるので、子育てにもピッタリです。

>>スウェーデンハウスのすべてを知りたい方はこちら

スウェーデンハウスの公式サイトはこちら