カーテン

ここでは、スウェーデンハウスの「カーテン」についてご紹介しています。特徴や施行例、口コミ・評判なども紹介していますので、ぜひご参考ください。

インテリアの特徴

部屋の印象を大きく左右するインテリアのひとつカーテン。そのデザインは、シンプルなものから大胆なものまで、さまざまです。スウェーデンハウスが、北欧スウェーデンの輸入住宅を専門に扱う住宅メーカーであることから「スウェーデンハウスの家に住むなら北欧カーテンを取り入れたい!」と考える人も多いようです。柄が華やかで存在感のある北欧カーテンは、部屋のおしゃれさをグッと引き上げてくれます。

リビングや寝室、子ども部屋などでカーテンの種類を変えることで違った雰囲気を演出することができるのでおすすめです。

施工例

スウェーデンハウスのカーテン1
引用元:スウェーデンハウス公式HP
(http://www.swedenhouse-nagoya.com/voice/details/46/index.html)

光が降りそそぐ伸びやかな気持ちになるダイニング。パイン材を白く塗り、カーテンを外壁と同じ色にすることで、色に統一感を持たせました。

スウェーデンハウスのカーテン2
引用元:スウェーデンハウス公式HP
(http://www.swedenhouse-nagoya.com/voice/details/33/)

斜天井にこだわったおしゃれなくつろぎ空間。陽の光が入った時に、部屋の雰囲気が明るくなるようにと赤色のカーテンを選択しました。白い壁の良いアクセントになっています。

スウェーデンハウスのカーテン3
引用元:スウェーデンハウス公式HP
(http://www.swedenhouse-nagoya.com/voice/details/18/)

奥様が大好きだというローラ・アシュレイのおしゃれなカーテン。柔らかなグリーンが爽やかな印象を与えます。落ち着いた色合いにすることで、睡眠の質も高まります。

口コミ・評判

階段の途中にある窓には、赤いカーテンを選びました。赤というと派手に思えますが、木をふんだんに使ったスウェーデンハウスの家は、落ち着いた雰囲気なので、ワンポイントとして空間のおしゃれさを引き立ててくれます。

ちょっと落ち着きすぎた印象の寝室も、カーテンを付けたらガラッ雰囲気が変わって、華やかになりました。スウェーデンハウスのオリジナルカーテンは、色のバランスがとても良く、かわいいので気に入っています。

リビングのお気に入りポイントは、ルイス・ポールセンの照明と、スウェーデン製の生地を使ったおしゃれなカーテン。照明とカーテンをつけたことで、シンプルだった部屋も、一気に華やかになりました。

編集部からのコメント

おしゃれでかわいい北欧カーテンが、シンプルな部屋を華やかにしてくれるので、人気なようです。カーテンは、季節や気分で手軽に変えることができるのが魅力のひとつ。簡単に取り外しができるので、部屋の模様替えを楽しむのも良いですね。

>>スウェーデンハウスのすべてを知りたい方はこちら

スウェーデンハウスの公式サイトはこちら