高齢者住宅

ここでは、スウェーデンハウスの高齢者住宅について紹介。施工例や口コミなどもまとめています。

住宅の特徴

「福祉先進国」と言われるスウェーデンの住思想が行き届いたユニバーサルデザインの住宅は、高齢者向けの健康住宅にも最適です。100cmモジュールが一般的な日本の住宅に対し、120cmモジュールを採用することで、ゆとりのある間取りを実現。

廊下は横に付き添って移動できるぐらい幅広く、階段の段差も緩やかで、高齢になってもストレスフリーな暮らしが楽しめるでしょう。介助者付き入浴がラクに行える浴室など、高齢者にやさしい工夫・設備ももちろん取り入れることができます。夏は涼しく、冬は暖かいので快適に暮らすことが可能です。

施工例

スウェーデンハウスの高齢者住宅1
引用元:スウェーデンハウス公式HP
(http://www.swedenhouse.co.jp/voice/chintai/003972/)

車椅子でも移動しやすい幅広で手すりの付いた廊下、段差の低い階段など、建物内には高齢者にも使いやすいユニバーサルデザインに基づいた工夫や設備が整っています。

スウェーデンハウスの高齢者住宅2
引用元:スウェーデンハウス公式HP
(http://www.swedenhouse.co.jp/voice/chintai/003972/)

木のぬくもりがあり、手すりもしっかりと完備されているバリアフリーが行き届いている浴室です。介助者付き入浴も問題なくできます。

スウェーデンハウスの高齢者住宅3
引用元:リフォーム評価ナビ
(http://www.refonavi.or.jp/shop/2409/kuchikomi/3942/)

広々とした空間はもちろん、くつろいでいる様子が2階からも分かる吹き抜けがポイント。木の風合いを生かしたナチュラルで柔らかい空間づくりも魅力です。

口コミ・評判

スウェーデンハウスに住んでいますが、とにかく快適のひとこと。バリアフリーでヒートショックもなく、一年中安心して暮らせます。費用はちょっと高かったけれど、それでも選んで良かった!それだけの価値があると思います。

スウェーデンハウスに住んで約14年。将来のことを考え、お風呂場はバリアフリーにしてもらいました!

騒音がほとんど入らない静かな空間で過ごせています。廊下が広々として、階段が登りやすくなったのが嬉しいですね。とても快適です。

編集部からのコメント

ゆとりのある廊下や階段など、目に見えるバリアフリーだけではなく、夏は涼しく冬は暖かい「温度のバリアフリー」も高齢者に嬉しいポイント!また、どの空間も均一な室温に保たれるので、ヒートショックの心配も少なくて済みます。高齢者がますます増えるこれからの時代に必要とされる住まいですね。

スウェーデンハウスの公式サイトはこちら