長期優良住宅

ここでは、スウェーデンハウスの長期優良住宅についてくわしく紹介しています。施工例や口コミも掲載しているので興味のある人はぜひチェック!

住宅の特徴

「長期優良住宅制度」とは、優れた住まいを優遇することにより、質の高い住宅の流通を活性化させ、建て替えによる環境負荷を低減させるための制度。日本の住宅は、これまで20~30年という短い周期で建て替えられてきましたが、この現状を見直し、より良い住宅を社会的資産として循環利用させていくための認定制度です。

住宅ローンの減税や、登録免許税・固定資産税の軽減などのメリットがある、長期優良住宅についてまとめてみました!

住まいの資産価値が高くなる

計画的なメンテナンスにより長い期間高い資産価値を維持できる

メンテナンス履歴が残るため売却しやすくなる

住宅性能表示制度を受ければ客観的な性能評価があるため、住み替え時も査定が有利になる可能性がある

住み心地が良くなる

夏涼しく冬暖かい快適な環境で、さらに光熱費も節約できる

災害に強く、安心した生活を送れる

生活の変化に合わせて簡単に間取変更できる

減税や優遇措置を受けられる

住宅ローン控除を最大500万円(2014年4月~2017年12月)受けられる

ローンを使わなくても所得税額の控除を受けられる

ローン金利優遇措置を受けられる

登録免許税・不動産取得税・固定資産税が軽減される

(※年度により優遇措置は変わります)

施工例

※スウェーデンハウスの長期優良住宅に関する施工例は見つかりませんでした。

口コミ・評判

スウェーデンハウスのような長期優良住宅に対応するタイプの住宅は、5年間にわたり固定資産税額の1/2が減額されるという制度があるようです。一般住宅の軽減期間は3年なので2年分もお得になりますね!

スウェーデンハウスの家は標準で長期優良住宅に対応していると聞きました。助かりますね!

スウェーデンハウスは、超長期優良住宅の先導的モデル事業に入っているそうですよ!さすがです。

編集部からのコメント

住み心地が良くなったり、住まいの資産価値が高くなるなどのメリットがある長期優良住宅。長く快適に住める高性能な家であるスウェーデンハウスも、もちろんこの制度に対応しています。事前に下調べをしっかりして、家を建てるときはぜひ検討してみましょう!

スウェーデンハウスの公式サイトはこちら