HOME » オリコン日本顧客満足度ランキングNo.1に3年連続で受賞!

オリコン日本顧客満足度ランキングNo.1に3年連続で受賞!

そもそもオリコン日本顧客満足度ランキングとは?

オリコン日本顧客満足度ランキングと言われてもあまり詳しくない方はピンとこないですよね。まず、オリコンというのは音楽ランキングで有名なあのオリコンのことです。そしてオリコン日本顧客満足度調査(Oricon CS Report)というのはオリコンが独自に行っている顧客満足度調査のことなんです。調査をすることで現在、日本で流通しているあらゆる商品やサービスに対しての消費者の満足度や評価を知ることができるんですよ。なぜ満足度調査を行っているのか、その調査結果は何の役に立っているのかオリコン日本顧客満足度調査の存在意義について紹介していきましょう。

オリコン日本顧客満足度調査の目的

なぜ商品やサービスに対しての満足度調査を行うのかというと、その目的は消費者や顧客の満足度を可視化して分かりやすくするためです。購入者数や売上額というのは数字であらわれるので比較しやすいですが、実際に商品を試した使用感や評価というのは数値にしてあらわすのは難しいですよね。それに商品やサービスによってもたらされる満足度というのは個人の主観なので、明確な基準が定めにくいという面もあります。

そのため企業が提供するサービス・商品への満足度を客観的に測ることや、その結果を他社と比較することは今まで難しいとされてきました。オリコンはそういった課題に応えるべく、消費者・利用者の膨大なデータを分析し、多項目にわたる顧客満足度の調査を始めました。そして調査によって可視化された数値をオリコン日本顧客満足度ランキングとして公表しているのです。これにより消費者は利用する際の基準が分かりやすくなり、評判・満足度・人気などが目に見て分かりやすくなりました。企業側も満足度が可視化されることで反省点や改善点が見えてくるので、さらなるサービスの向上に繋げることができます。オリコンはこのように満足度を公表することで暮らしの満足度を高めていくことを最終的な目的としているようです。

調査における方法や姿勢

商品やサービスの満足度調査というと「本当に信用して良いの?」「特定の企業に有利なランキングなんじゃないの?」と疑う気持ちも湧いてきますよね。しかし、オリコンは消費者側にも企業側にも属さない第三者としての立場で消費者満足度調査を行っています。どちらにもおもねることなく中立な立場で調査を進めることで、不純物の入らない精度の高い顧客満足度指標を作成することが可能となります。また、調査の方向性などが偏ることのないように、満足度調査は商品やサービスを現在利用中の方に限定し、多項目かつ多角的な観点からの評価となっています。その結果、商品やサービスが消費者のライフスタイルにいかに合致しているかが分かりやすくなるので、その先の新しいサービス提供や新商品開発における有意義なデータとなります

高く評価された点は?

「住居の性能」部門満足度ランキングで1位!

スウェーデンハウスは満足度ランキングの「住居の性能」という部門で85.74点という高得点を獲得し、見事1位となりました。スウェーデンハウスは心地よく快適に暮らせる家をコンセプトにしていて、気密性能が高いという特徴があります。壁と壁の間に継目断熱材を挟み込み継ぎ目や隙間をなくし気密性を高めることで、外気が入り込まなくなるので真冬でも暖かく快適に過ごすことができます。

また、家全体をぶ厚い壁がぐるりと包み込むような造りになっているので、魔法瓶のような効果が発揮され、真夏は冷たい空気が逃げずにずっと快適な温度を保つことができるんですよ。壁だけでなく窓にもこだわっていて、木製サッシの中を3層ガラス窓にし間の空気層に乾燥空気を注入することで断熱性能を高めています。そして防音効果にも優れているので小さな子供やペットの声に気を遣うという家や、静かな空間で過ごしたいと望んでいる方には特におすすめです。こういった性能の高さや過ごしやすい空間へのこだわりが評価されているようですね。2位のヘーベルハウス、3位の一条工務店をおさえての1位なので大手工務店にも負けない多様な性能と暮らしやすさの気遣いが実感できること間違いなしです!

「長期保証」部門満足度ランキングで1位!

スウェーデンハウスは「長期保証」の部門でも81.61点という高得点を獲得しランキングの1位に輝きました。2位のヘーベルハウスは79.88点と僅差ではありますが、80点の大台を獲得しているのはスウェーデンハウスだけなので、これは大きな快挙と言えるでしょう。スウェーデンハウスは長く住める家というコンセプトを掲げているので長期保証には定評があります。

10年前20年前の住宅というのはすぐに建築できて、すぐに取り壊すことのできるファーストフード感覚の住宅が多かったのですが、最近はエコロジーの観点から長く住み続けられる家が注目され始めてきています。スウェーデンハウスというのはまさにこの長く住み続けられる家の走りであり、メンテナンスを繰り返すことで何代にもわたって住むことができるんです。窓や壁の塗装、断熱材や熱交換型換気システムのお手入れなど古くなってしまった部分に手を入れる必要はありますが、より住みやすく自分の生活に合った空間へとカスタマイズできる楽しみもあります。メンテナンスの時間が家族の交流となっているというご家庭も多いようですよ。

「オープンハウス」部門満足度ランキングで1位!

スウェーデンハウスは「オープンハウス」の分野でも80.82点という高得点を獲得しランキング1位に輝きました。オープンハウスという分野ではスウェーデンハウスが開催している展示会やモデルハウスにおいて説明の分かりやすさや展示の充実度が評価されているようです。スウェーデンハウスの展示会は見るだけでなく体感できる展示会となっていて、木のぬくもりや北欧テイストの空間、におい、温度などを身体で実感することができます。

また、通常の展示会というのはモデルハウスばかりが立ち並ぶ住宅展示場などで開催されているので、実際に住宅地に建った場合のイメージが湧きませんよね?しかし、スウェーデンハウスの場合は「まちなかモデルハウス」というのを実施しているので実際の住宅地に家を建てた感覚で、他の家や商店、ビルなどと比較して暮らしをイメージすることができます。そして極め付きは「宿泊体験」です。予約をすれば実際に家族でスウェーデンハウスに泊まることもできるんですよ。宿泊し長い時間を過ごすことでじっくりとスウェーデンハウスの快適さを感じることができます。

同じく3年連続で受賞した「カラオケパセラ」

人気のカラオケ店「カラオケパセラ」は2015年・2016年・2017年と3年連続でオリコン日本顧客満足度ランキング「カラオケボックス」部門で1位に輝きました。オリコンのカラオケボックスランキング1位の得点は71.08点で、2位のラウンドワンや3位のカラオケレインボーなどをおさえて堂々の第1位となりました。

評価の規準となる、プランの充実度、施設の清潔さ・雰囲気、施設の充実度、飲食の充実度、利用のしやすさ、スタッフの対応、コストパフォーマンス、機種の充実度の8つの分野で平均70点を超える高評価を叩き出しているので、利用者の満足度はかなり高いとみて間違いないでしょう。特に施設の清潔さ・雰囲気は75.60点という高評価なのでカラオケパセラが施設の清潔感や利用しやすい雰囲気作りに対して並々ならない力を注いでいることが伺えます。カラオケというのは密室空間になりますし、前の利用者の存在を感じてしまうと不快感を覚える方も多いかもしれませんが、清潔で爽やかな空間で楽しみたいのであればカラオケパセラがおすすめです。

同じく3年連続で受賞した「住信SBIネット銀行」

住信SBIネット銀行はオリコン日本顧客満足度ランキングの「ネット銀行」部門において3年連続第1位を受賞しました。住信SBIネット銀行が3年連続で1位となったのはこれで6度目となるので、例年からも高い評価を受けていることが伺えますね。評価の対象となるのは、預金金利、手数料、手続き、利用のしやすさの4つで、特に30代・50代の方の評価が高かったようです。

20代・30代の若い世代の利用者の意見を調べてみると、目的別口座やSBI証券との連動が使いやすいという声が多く、50代・60代の利用者は振込み手数料が無料という部分を評価しているようですね。住信SBIネット銀行は「どこよりも使いやすく魅力ある商品・サービスを24時間・365日提供するインターネットフルバンキング」というコンセプトを打ち立てているので、実際にそのコンセプト通り、使いやすさや安心感などが顧客ニーズに繋がったようですね。

他の業界をみても信憑性に納得できそう

オリコン日本顧客満足度調査の対象になっているのはハウスメーカーやカラオケボックス、ネット銀行だけでなく、英会話スクールやカーシェアリング、結婚式情報サイトなど様々です。業種や業態もバラバラなサービス・商品が対象となっていますが、それぞれのランキングを調べてみるとその業界ではよく名前を聞く企業名が軒を連ねています。

有名企業というだけではなく、それぞれの評価や選考基準なども細かいので先に紹介したカラオケパセラ、住信SBIネット銀行の選考結果にも信憑性があることが分かりますね。ひとことにハウスメーカーといっても数は多いですし、競合他社もどんどん出てくる中でトップの評価を維持し続けるというのは大変な苦労と努力を必要とすることです。

その過酷な環境の中でスウェーデンハウスが3年連続1位に輝いているという事実は十分な信用度に繋がるでしょう。ハウスメーカー以外でもホテルや交通機関を選ぶ際に「どれだけの信頼性があるのか」「性能・サービス度はどの程度高いのか」を調べたい場合は、オリコン日本顧客満足度調査の結果を参考にしてみると良いでしょう。

スウェーデンハウスの公式サイトはこちら